2016/12/31(土)

2016年を振り返る

大晦日!ということで、今年も1年を振り返ってみます。

■漫画創作

2016年に描いた(完成させた)漫画は以下の2本。

 「夢のコスプレマシーン」@COMITIA116

 「今日もネットに炎が上がる」@COMITIA117

一昨年、昨年と年3本以上漫画を描きましたが、今年は2本のみでした。
おそらく2017年も年2本ペースの発表になると思います。


■今年ハマったテレビドラマ

ここ数年はあまりテレビドラマを観ていませんでしたが、「真田丸」はしっかり全話観ました。
NHK大河ドラマの放送時間帯は自分にとって、晩ゴハンを食べた後、寝るまでの間のちょうどテレビの前でくつろげるタイミングなので、魅力的な裏番組がなければ視聴する可能性は高いように思います。
それと以前から三谷幸喜脚本が大好きだったというのも大きかったですね。


■今年観た映画

オデッセイ (2016年2月公開)

監督はリドリー・スコット、主演はマット・デイモン。
事故で火星に一人取り残された宇宙飛行士が、生きてなんとか地球へ帰ろうと奮闘するお話です。
火星での生活も案外楽しそうだなと思えるくらい、主人公のマーク・ワトニーがとにかく明るくポジティブな性格なのが良かったです。
ワトニーを救うために懸命に知恵をしぼるNASAのスタッフたちや命がけで行動する宇宙飛行士の仲間たちに胸を打たれました。


シン・ゴジラ (2016年7月公開)

総監督・脚本は庵野秀明、監督・特技監督は樋口真嗣。
予告映像を観て「あ、これは映画館で観とかなアカンやつや!」と直感し、公開翌週で観に行きました。
CGで作成されたゴジラの圧倒的な存在感が凄まじかったです。
虚構(フィクション)のはずが、どこか現実とリンクさせてしまうような気持ちにさせられました。 あと「蒲田くん」「内閣総辞職ビーム」などのワードがネットで何度も話題に上がりましたね。


この世界の片隅に (2016年11月公開)

監督は片渕須直、原作はこうの史代。
劇場公開前から気になっていてしばらく様子見状態でしたが、昨日ようやく観てきました。
すでに原作も読んでいたのですが、序盤から「ああ、すずさんが動いてる!喋ってる!」と妙にテンションが上がってしまい、早々と泣きそうになりました。
すず役ののんさんの声がびっくりするぐらいイメージにぴったりで、とても素晴らしかったです。
最近はテレビで話題になっているのを何度か見たりしているので、さらに多くの人に観てもらえるといいなぁと思いました。



■今年買った家電

今年の前半は平日にがっつり料理する気分になかなかなれず、適当な食事で済ませていたため、体重がじわじわ増えてしまいました。
これではイカンと思い、いかに面倒くさくなく食生活を改善するかが一つのテーマになっていました。
解決策として、休日に一週間分の食事の下ごしらえをしておいて冷蔵庫へ保存しておき、平日はほぼレンジで温めるだけで食べられるようなスタイルを採用しました。
そのため、今まで使用していた炊飯器と冷蔵庫をワンサイズ大きいものへ買い替えました。
いずれもすでに10年以上使っていたので、買い替えのタイミングを見計らっていたというのもあります。


食生活を改善した結果、11月〜12月の間で3Kg体重が減りましたよ。イエーイ♪


■2017年に向けて

今年は新作ゲームを全然遊べなかったので、今制作中のコミティア原稿が一段落したら、しばらくゲームに浸りたいなぁ。
特にトリコとスパロボがやりたい。

それでは皆様、良いお年を!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Powered by blosxom 2.0